2017/07/01

化学工業 Vol.68No.7 ゼブラフィッシュ創薬とInternet of Zebrafish(IoZ)

2017/05/22

月刊ファームステージ Vol.17 No.2 ゼブラフィッシュ創薬とフェノミクス薬理学

2017/03/31

NEW薬理学 改訂第7版 プロテオーム創薬

2016/10/19

三重大学春秋会会報 第39号 ゼブラフィッシュ創薬への道程 

2016/10/07

理系マイナビ special interview

2016/07/07

NEDO 実用化ドキュメント 2016年7月 

2016/05/25

三医会会報 2016年 5月 第29号 「ゼブラフィッシュ創薬を目指して」

2016/05/10

Cardiac Practice Vol.27 No.2 「循環器システムズ薬理学とゼブラフィッシュ創薬」

2016/04/01

医学部News No.177 「システムズ薬理学を目指して」

2016/04/01

医学部News No.177 「第1回ゼブラフィッシュ創薬研究会(ZDD2015)」

2015/07/14

蛍雪時代2015年8月号掲載:がん幹細胞を阻害する蛍光物質を発見

2015/07/01

第42回日本毒性学会学術年会シンポジウム

2015/06/01

21世紀のシステムズ薬理学をめざして

2015/04/01

Medchem News Vol.25No.4 システムズ薬理学とゼブラフィッシュ創薬

2015/03/31

三重大学医学部創立70周年記念誌

2015/03/27

ゼブラフィッシュを用いた創薬スクリーニング

2015/03/20

システムズ薬理学を用いた網膜疾患の病態解析

2015/03/18

ミトコンドリア機能制御による有毛細胞保護薬のシステムズ薬理学

2015/03/18

バルプロ酸の発達神経毒性に関するシステムズ薬理学

2015/03/18

甲状腺機能低下による発達神経毒性のシステムズ薬理学

2015/02/07

新しい腫瘍血管新生制御遺伝子ZMYND8の作用機構解析

2015/02/06

分子標的薬の心毒性に関するシステムズ薬理学

2014/12/14

New Horizon in Zebrafish-Driven Drug Discovery ゼブラフィッシュ創薬の新しい展開

2014/12/04

ソラフェニブの心毒性にはstanniocalcin 1が関与する

2014/10/24

システムズ薬理学によるバルプロ酸の催奇形性分子機構解析

2014/10/17

Novel Non-Alcoholic Fatty Liver Model for Systems Pharmacology

2014/09/20

Systems Pharmacology of developmental hypothyroidism by methimazole with the behavior related to dopaminergic systems

2014/09/14

システムズ薬理学によるHSP90阻害薬の網膜毒性発現機構解析

2014/09/13

ゼブラフィッシュによる新しい網膜保護機構解析

2014/07/27

Systems pharmacology of teratogenic action by valproic acid

2014/07/27

第54回日本先天異常学会で優秀ポスター賞を受賞

2014/07/03

ゼブラフィッシュによる医薬品の生殖発生毒性評価

2014/07/03

遺伝子ノックアウトゼブラフィッシュを用いたニコチンの発達神経毒性評価

2014/07/03

ゼブラフィッシュを用いた生殖発生毒性評価試験

2014/06/20

タクリンによる有毛細胞保護作用の分子機構解析

2014/06/14

ゼブラフィッシュを用いたBBB機能イメージング

2014/06/11

HSP90阻害薬の網膜毒性に関するシステムズ薬理学

2014/03/21

ゼブラフィッシュを用いた医薬品の発達神経毒性のシステムズ薬理学

2014/03/20

Cross-species transcriptome analyses discovered MXD3 regulation in visceral adiposity

2014/03/19

ゼブラフィッシュを用いたタクリンの有毛細胞保護作用のシステムズ薬理学

2014/02/15

新規腫瘍血管新生制御遺伝子ZMYND8の発見と臨床応用

2013/12/06

僧帽弁閉鎖不全症モデルゼブラフィッシュを用いた新規心不全治療標的遺伝子ECI2の発見

2013/12/05

新規ゼブラフィッシュ行動解析を用いたニコチン代替療法の発達神経毒性評価

2013/12/05

新規ゼブラフィッシュ行動解析を用いた抗甲状腺薬の発達神経毒性評価

2013/11/01

新しい網膜変性疾患モデルの創成と機能解析

2013/07/22

ゼブラフィッシュを用いた新しい発達神経毒性評価システム

2013/07/12

食餌性肥満ゼブラフィッシュを用いた脂肪肝治療薬探索のシステムズ薬理学研究

2013/06/21

摂食制御遺伝子/化合物のin vivoハイスループットスクリーニング

2013/06/19

白血病幹細胞移植ゼブラフィッシュを用いたin vivoスクリーニングシステム

2013/06/18

ゼブラフィッシュを用いたHSP90阻害薬の網膜毒性発現機構解析

2013/05/25

食餌性肥満ゼブラフィッシュを用いたエリオシトリンの抗脂肪肝作用メカニズムのシステムズ薬理学研究

2013/05/07

ヒト前立腺がん移植ゼブラフィッシュによる遠隔転移に関するシステムズ薬理学研究

2013/04/01

三重大学におけるシステムズ薬理学の新しい展開

2013/03/21

新しいヒト癌移植モデルにおける腫瘍血管新生の定量的システムズ薬理学

2013/03/21

蛍光in vivoハイスループット摂食量測定技術による定量的システムズ薬理学研究

2013/03/18

中国向け日本情報発信サイト【客観日本】に掲載されました

2013/02/09

システムズ薬理学的アプローチによる新規心不全治療標的遺伝子ECI2の発見

2012/12/12

ゼブラフィッシュによる定量的システムズ薬理学

2012/12/12

メチロームとトランスクリプトームの統合解析による化学物質の有害性評価

2012/12/12

発達期の化学物質曝露による血液脳関門障害のin vivoイメージング研究

2012/12/12

ゼブラフィッシュを用いたインドリン系化合物の血液脳関門と血液網膜関門の透過性評価

2012/11/30

脳血管におけるトランスポーターの基質認識性解析

2012/11/16

新規抗肥満標的遺伝子としてのMXD3に関するシステムズ薬理学研究

2012/11/01

システムズ薬理学を用いた次世代創薬

2012/07/17

生態毒性試験と薬理ゲノミクスにおけるゼブラフィッシュの役割

2012/07/17

新規蛍光色素を用いた血液脳関門障害の生体イメージング

2012/06/29

創薬スクリーニングのためのALSモデル動物の創成

2012/06/29

Weighted Gene Co-expression Network Analysisを用いた 医薬品の網膜毒性分子機構解析

2012/05/01

三重大学生命科学研究支援センター 年報 第7号

2012/03/14

蛍光色素を用いたゼブラフィッシュ心臓イメージングによる抗悪性腫瘍薬の心毒性解析システム

2012/03/14

新しいヒト癌移植モデルにおける腫瘍血管新生の薬理ゲノミクス研究

2012/02/10

新規蛍光色素を用いた血管障害の可視化システム

2011/12/13

ヒト癌移植モデルにおける腫瘍血管新生の新しい治療標的遺伝子

2011/12/10

PKC

2011/12/02

新規蛍光色素を用いた血管イメージング

2011/09/21

次世代シーケンサーを用いたゼブラフィッシュ老化モデルの網羅的遺伝子発現解析

2011/07/08

新しいヒト癌移植モデルにおける腫瘍血管新生の薬理ゲノミクス研究

2011/07/08

次世代シーケンサーと癌移植ゼブラフィッシュを用いた遠隔転移の薬理ゲノミクス研究

2011/05/31

オミックス創薬科学とターゲットバリデーション

2011/05/29

ヒト癌移植ゼブラフィッシュにおけるメタトランスクリプトーム解析

2011/05/29

化モデルゼブラフィッシュを用いたWhole Transcriptome Analysis (WTA)解析

2011/05/28

ゼブラフィッシュの行動解析による中枢神経作用薬の薬理ゲノミクスクラスタリング

2011/05/24

ゼブラフィッシュの行動を指標にした中枢神経作用薬の ハイスループットスクリーニング

2011/05/24

メベンダゾールによる網膜発生障害のケモゲノミクス

2011/03/15

オミックス創薬科学とターゲットバリデーション

2010/12/24

クマリン系蛍光色素を用いたゼブラフィッシュ網膜の生体イメージング

2010/12/03

オミックス創薬科学とターゲットバリデーション

2010/11/19

新しい定量的遺伝子ノックダウン法及び心臓イメージングによる心機能解析法の開発

2010/11/11

心筋トロポニンTの定量的ノックダウンにおける心機能イメージング解析

2010/07/08

クマリン系色素を用いたゼブラフィッシュ網膜のライブイメージング

2010/06/30

オミックス創薬・創食を実現するゼブラフィッシュモデルシステム開発

2010/06/17

新規in vivo網膜可視化色素を用いたメベンダゾールの網膜細胞毒性評価

2010/06/09

血管平滑筋収縮蛋白質の制御機構

2010/06/08

血管平滑筋の収縮機構

2010/06/08

血管収縮制御の新しい分子機構

2010/06/03

脳血管障害におけるゲノム創薬科学解析法の開発

2010/05/18

クマリン系色素を用いたゼブラフィッシュ網膜のライブイメージング

2010/05/18

網膜発生における微小管機能のケモゲノミクス研究

2010/04/21

ゲノム創薬の実現を目指したケモゲノミクス研究

2010/02/15

新しい生活習慣病モデル動物と薬理ゲノミクス機構

2010/02/10

トランスクリプトーム解析と創薬科学

2009/01/01

「薬理学」とは何か

2008/10/01

運動と生活習慣病の新しい薬理ゲノミクスネットワーク解析

2008/09/18

新しい生活習慣病モデルの薬理ゲノミクス研究

2008/06/01

ケミカルバイオロジー入門

2008/04/03

Medical Tribune 2008年4月3日 page31

2007/08/10

「ケミカルバイオロジーに基づいた新しい薬理学的展開」

2007/08/01

Mie TLO 技術情報クラブ会報 No.16 2007 8月

2007/07/10

WAVE MIE UNIV.36 2007July 10縲?11

2006/01/01

ゲノム創薬フォーラムの最新動向

2006/01/01

血管リモデリングのゲノム創薬科学

2006/01/01

ゲノムネットワーク解析による薬理ゲノミクス機構

2006/01/01

野菜の機能性、熱帯魚実証

2006/01/01

パスウェイ解析からネットワーク解析へ 

2006/01/01

血管障害の薬理ゲノミクス/インフォマティクス

2006/01/01

メタボリックシンドロームモデル動物創成プロジェクト

2006/01/01

血管障害と治療薬を結ぶ薬理ゲノミクス解析 

2005/07/30

高血圧発症機序研究の最前線・ゲノム創薬と薬理ゲノミクス

2005/07/02

ゲノムネットワーク解析の創薬研究への応用

2005/05/15

ポストゲノムシークエンス時代の薬理学9薬理インフォマティクスと薬理ゲノミクス

2005/01/01

ファーマコゲノミクスについて

2005/01/01

第5章カルシウムシグナリングと細胞機能

2005/01/01

6血管平滑筋作用薬

2005/01/01

ゼブラフィッシュによるトキシコゲノミクス研究

2005/01/01

ゲノム創薬と薬理ゲノミクス

2005/01/01

血管リモデリングのDNAチップ解析とゲノム創薬

2004/11/01

カルシウム結合蛋白質

2004/10/01

ファーマコジェノミックスと創薬ターゲットバリデーション

2004/09/01

薬理ゲノミクスと薬理インフォマティクス

2004/04/01

薬理ゲノミクス/インフォマティクスと創薬ターゲットバリデーション

2004/01/03

産学連携で新事業を創出縲怎Qノムサイエンスの可能性追求へ

2004/01/01

ファーマコゲノミクスとファーマコインフォマティクス

2004/01/01

メタボローム/トランスクリプトーム解析による創薬ターゲットバリデーション

2004/01/01

薬理ゲノミクスと創薬ターゲット探索研究

2004/01/01

薬理ゲノミクス/インフォマティクスとターゲットバリデーション

2004/01/01

比較ゲノムインフォマティクス

2004/01/01

薬理ゲノミクスと薬物応答

2003/12/05

化学物質 安全性評価で新システム

2003/10/13

創薬ゲノミクス・創薬プロテオミクス・創薬インフォマティクス(「生体の科学」座談会)

2003/06/01

分子生物学&ゲノムサイエンス 医療を根本から変える治療遺伝子クラスター

2003/06/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(12)薬理ゲノミクスとゲノム医療

2003/03/27

DNAマイクロアレイによるACE阻害薬の作用機序解析

2003/01/01

薬理ゲノミクスからファルマインフォマティクスへ

2003/01/01

薬理ゲノミクス/ケモゲノミクスと創薬ターゲットバリデーション

2003/01/01

ポストゲノム時代のモデル動物:ゼブラフィッシュ ゼブラフィッシュによるトキシコゲノミクス研究

2003/01/01

実地医家のためのKeyWord解説 in silico

2003/01/01

薬理ゲノミクス

2003/01/01

トランスクリプトーム/メタボローム解析とゲノム創薬科学

2003/01/01

血管リモデリングの創薬ターゲットバリデーション戦略

2003/01/01

循環器薬データベースの構築と活用法

2002/10/01

ゲノム創薬SERIES4 ゲノム創薬とトランスクリプトーム解析

2002/08/31

ゲノム創薬と薬理ゲノミクス

2002/06/01

薬理ゲノミクスと創薬ターゲットバリデーション

2002/03/30

in silico(200words)

2002/02/01

テーラーメード薬物療法と薬理ゲノミクス

2002/01/01

薬理ゲノミクスとファルマインフォマティクス

2002/01/01

図説:薬理ゲノミクスとテーラーメード医療

2002/01/01

テーラーメイド医療と薬理ゲノミクス/インフォマティクス

2002/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(6)神経病原性微生物ゲノミクスと創薬科学

2002/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(7)向精神薬の動態機構ゲノミクス

2002/01/01

CLINICAL NEUROSCIENCE 20(9) 中外医学社 974縲?975, 2002

2002/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(10)神経薬理ゲノミクスとファルマインフォマティクス

2002/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(9)抗精神病薬の薬理ゲノミクス

2002/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(11)薬理ゲノミクスとケモゲノミクス

2002/01/01

薬理ゲノミクス

2002/01/01

プロテオミクスからの創薬

2002/01/01

薬理ゲノミクスとファルマインフォマティクス

2001/01/01

ゲノム 創薬とマイクロアレイ

2001/01/01

薬理ゲノム科学の新しい展開

2001/01/01

薬理ゲノム科学と創薬インフォマティクス

2001/01/01

薬理ゲノミクスと高血圧の薬物療法

2001/01/01

21世紀の創薬

2001/01/01

遺伝子発現プロファイルに基づくバリデーション

2001/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(1)神経薬理ゲノミクス序説

2001/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(2)ゲノム創薬科学と神経薬理ゲノミクス

2001/01/01

血管薬理ゲノミクスとファルマインフォマティクス

2001/01/01

血管平滑筋細胞内カルシウムシグナリングのトランスクリプトーム解析

2001/01/01

心血管病の薬理プロテオミクス

2001/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(3)神経薬理ゲノミクスとトランスクリプトーム解析

2001/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(4)神経薬理ゲノミクスと遺伝子多型解析

2001/01/01

脳血管攣縮の薬理ゲノミクス/インフォマティクス

2001/01/01

新世紀の神経薬理ゲノミクス(5)神経薬理プロテオミクス

2001/01/01

臨床薬理ゲノミクス

2000/01/01

ゲノム創薬科学とファルマインフォマティクス

2000/01/01

トランスクリプトーム研究の現状と展望

2000/01/01

ゼイン由来ペプチドによる環状ヌクレオチドホスホジェステラーゼの活性調節

2000/01/01

低酸素による遺伝子発現プロフィール変化の解析

2000/01/01

血管平滑筋カルシウムシグナリングと薬理ゲノミクス

2000/01/01

トランスクリプトーム解析とマイクロアレイ

2000/01/01

遺伝子多型解析とゲノム創薬

2000/01/01

トランスクリプトーム解析と薬理ゲノミクス

2000/01/01

ポストゲノムのはじまり:これからの高血圧病因解明研究、治療、診断(座談会)

2000/01/01

ゲノム研究の現状と将来(座談会)

2000/01/01

DNAマイクロアレイと薬理ゲノム科学

2000/01/01

ゲノム構造からゲノムスケールの機能解析へ

2000/01/01

トランスクリプトーム研究の現状と展望

1999/10/20

ラット脳血管攣縮モデルにおけるHeme Oxygenase-1の遺伝子発現誘導と攣縮抑制機構

1999/06/01

遺伝子発現プロフィール解析とゲノム創薬科学

1999/01/01

カルシウム結合蛋白質

1999/01/01

ゲノム創薬科学とマイクロアレイ

1999/01/01

5.薬理ゲノミクスと創薬科学

1998/07/01

薬理ゲノム科学と創薬

1998/03/01

Nifedipineによる血管平滑筋の遺伝子発現調節

1998/01/01

cAMPとPDE阻害薬研究の経緯およびPDEのアイソザイムとその分布

1997/05/01

カルシウムイオンと細胞機能調節機構

1997/01/01

Nitroprussideによる血管平滑筋の遺伝子発現機構

1997/01/01

クラブ会誌発刊にあたって

1997/01/01

血管平滑筋収縮反応におけるカルシウム感受性の分子機構

1997/01/01

薬理学の新しい細胞内シグナル伝達系

1996/01/01

JJPホームページの開設と最近の電子図書館事情

1996/01/01

血管収縮反応におけるカルシウム感受性の分子機構

1996/01/01

治療遺伝子を求めて

1996/01/01

研究室訪問

1996/01/01

カルシウムイオンと好酸球性炎症

1996/01/01

薬理学メーリングリストの創設と活用状況

1996/01/01

研究・教育に活かせるインターネット資源

1995/01/01

イノシトールリン脂質代謝応答とカルシウム感受性調節機構

1995/01/01

カルシウム結合蛋白質

1995/01/01

頻尿改善薬Propiverine Hydrochloride の膀胱平滑筋への直接作用

1995/01/01

第5回循環器薬セミナーを終えて

1995/01/01

アネキシンの分子機能発現機構

1995/01/01

インタビュー

1995/01/01

インターネットによる国際学会

1995/01/01

医学部創立50周年記念事業委員会

1995/01/01

討論  --第7回Nicorandil 研究会--  

1995/01/01

血管平滑筋収縮の分子機構

1995/01/01

細胞内カルシウム結合蛋白質の構造と機能

1994/01/01

新しいカルシウム拮抗薬の作用機序

1994/01/01

細胞シグナリングの分子薬理学

1994/01/01

討論  -演題 2において-

1994/01/01

新入生オリエンテーションの合宿について

1994/01/01

血管平滑筋のカルシウム感受性制御機構 CVD GRAND ROUND SERIES VOL.1 VAS

1994/01/01

討論  --第10回循環器疾患の成因に関する研究会 招聘講演において--

1994/01/01

好酸球遊走における細胞内シグナル伝達機構

1994/01/01

酵素反応速度定数 (Km,Vmax)の決定法 分子生物学研究のためのタンパク実験法

1994/01/01

スカッチャード解析

1993/01/09

心筋細胞内カルシウム情報伝達の分子機構

1993/01/01

血管平滑筋収縮の分子機構

1993/01/01

ヒト心筋における環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼとその阻害剤

1993/01/01

心筋内カルシウム結合蛋白質に対するプロプラノロールの作用機序

1993/01/01

平滑筋収縮蛋白質のカルシウム感受性制御機構

1993/01/01

新しいカルシウム蛋白質:新しいS100ファミリー(S100L,S100C)

1993/01/01

細胞内カルシウム情報伝達の分子機構

1993/01/01

心身症の病態における細胞内情報伝達機構の役割に関する研究

1993/01/01

カルシウムイオン依存性プロテインキナーゼ バイオサイエンスシリーズカルシウムノシグナル伝達機構

1993/01/01

平滑筋カルポニンのプロテインキナーゼCによる調節機構

1992/01/01

平滑筋収縮におけるカルシウム-カルモデユリン調節機構

1992/01/01

虚血性心疾患と新しいカルシウム調節機構に関する研究

1992/01/01

イノシトールリン脂質代謝と細胞内カルシウム情報伝達機構 腎と透析

1992/01/01

心身症の病態における細胞内情報伝達機構の役割に関する研究

1992/01/01

環状ヌクレオチドホスホジエステラーゼ阻害薬の分子心臓薬理学

1992/01/01

細胞内カルシウム結合蛋白質の機能発現機構に関する薬理学的研究 臨床薬理の進歩

1991/09/01

三重大学医学部の活性化をめざして

1991/01/01

中枢神経系の新しいカルシウムレセプターの検索と分子機能に関する研究

1991/01/01

細胞内カルシウム情報伝達の分子機構

1991/01/01

細胞内カルシウム結合蛋白質の分子構造と機能 病態生理

1991/01/01

血液作用薬 医科薬理学

1991/01/01

酵素阻害剤の作用機構

1991/01/01

カルポニンを介する平滑筋収縮の調節機構 文部省科学研究費重点領域研究報告集

1991/01/01

カルシウム拮抗薬の作用機序と分子薬理学的分類

1990/01/01

細胞内情報伝達機構と薬物作用 肥満細胞縲恊カ理と病理

1990/01/01

分泌現象の新しいカルシウム調節機構

1990/01/01

心筋の新しいカルシウム結合タンパク質の検索とその分子機能の解析

1990/01/01

細胞内カルシウム結合蛋白質の分子機能調節薬の検索と応用 

1990/01/01

カルモデユリンによる酵素調節機構 カルシウム受容蛋白質縲怎Vグナル・トランスダクション

1990/01/01

神経ペプチド受容体と細胞内情報伝達機構

1990/01/01

脳梗塞の予防薬と新しい細胞内カルシウム調節機構に関する研究 臨床成人病

1990/01/01

細胞内Ca2+濃度からみた K channel 開口薬の血管拡張作用機序

1990/01/01

冠攣縮の機序に関する一考察竏茶Aルコール誘発冠スパズムに関する臨床的、基礎的研究

1989/01/01

血管平滑筋カルシウムシグナリングの分子制御 動脈硬化

1989/01/01

広範囲 血液 尿化学検査 免疫的検査(上巻) 1.生化学的検査 A.蛋白質関係 カルシウム結合蛋白質

1989/01/01

?.生化学的検査 A.蛋白関係 カルシウム結合蛋白質 日本臨床

1989/01/01

細胞内カルシウム情報伝達機構と薬物作用

1989/01/01

イノシトールリン脂質代謝と細胞内情報伝達機構

1989/01/01

細胞内カルシウムイオン  医薬品の開発 薬物の作用機構