Publication List Japanese

2017/07/01
化学工業 Vol.68No.7 ゼブラフィッシュ創薬とInternet of Zebrafish(IoZ)

2017/05/22
月刊ファームステージ Vol.17 No.2 ゼブラフィッシュ創薬とフェノミクス薬理学

2017/03/31
NEW薬理学 改訂第7版 プロテオーム創薬

2016/10/19
三重大学春秋会会報 第39号 ゼブラフィッシュ創薬への道程 

2016/10/07
理系マイナビ special interview

》ゼブラフィッシュを用いた医薬品の発達神経毒性のシステムズ薬理学

                     
2014/03/21

ゼブラフィッシュを用いた医薬品の発達神経毒性のシステムズ薬理学

西村有平1,2,3,4,5、村上宗一郎1、芦川芳史1、笹川翔太1、梅本紀子1,3、川端美湖1、張貝貝1、島田康人1,2,3,4,5、田中利男1,2,3,4,5

1三重大学大学院医学系研究科 薬理ゲノミクス(三重大・院・医・薬理ゲノミクス)
2三重大学メディカルゼブラフィッシュ研究センター(三重大・メディカルゼブラフィッシュ研究セ)
3三重大学大学院医学系研究科 システムズ薬理学(三重大・院・医・システムズ薬理)
4三重大学新産業創成研究拠点 オミックス医学研究室(三重大・新産業創成研究拠点・オミックス医)
5三重大学生命科学研究支援センター バイオインフォマティクス(三重大・生命科学研究支援セ・バイオインフォ)

The developing brain is more sensitive to drugs than the adult brain and exposure during development has been implicated in the pathogenesis of neuropsychiatric and neurological disorders. Zebrafish has emerged as a useful animal model to assess the developmental neurotoxicity (DNT) of drugs. The advantages include economic high fecundity, the ability to absorb a wide range of drugs, high conservation of gene function compared with humans, ease of genetic manipulation, ex utero development and transparency allowing unobstructive observation of morphological changes using fluorescence technology. Zebrafish larvae also exhibit a number of simple and complex behavioral programs. In this study, we assessed the DNT of antithyroid drugs (methimazole and propylthiouracil) and anticonvulsant (valproic acid) using zebrafish based on the genomic, morphological and behavioral changes and were able to show that the systems pharmacology can be useful to elucidate molecular mechanisms underlying DNT of these drugs.

関連リンク

第87回日本薬理学会