Publication List Japanese

2017/07/01
化学工業 Vol.68No.7 ゼブラフィッシュ創薬とInternet of Zebrafish(IoZ)

2017/05/22
月刊ファームステージ Vol.17 No.2 ゼブラフィッシュ創薬とフェノミクス薬理学

2017/03/31
NEW薬理学 改訂第7版 プロテオーム創薬

2016/10/19
三重大学春秋会会報 第39号 ゼブラフィッシュ創薬への道程 

2016/10/07
理系マイナビ special interview

》ソラフェニブの心毒性にはstanniocalcin 1が関与する

                     
2014/12/04

ソラフェニブの心毒性にはstanniocalcin 1が関与する

○西村有平1,2,3,4,5、川端美湖1,6、梅本紀子1、島田康人1、黒柳淳哉1、張貝貝1、宮部雅幸6、田中利男1,2,3,4,5

1)三重大学大学院医学系研究科薬理ゲノミクス、2)三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学、3)三重大学メディカルゼブラフィッシュ研究センター、4)三重大学新産業創成研究拠点オミックス医学研究室、5)三重大学生命科学研究支援センターバイオインフォマティクス、6)三重大学医学部臨床麻酔部

近年、様々な抗癌薬の開発が進み、癌に対する治療成績が向上する一方、多様な副作用も報告されている。特に心臓に対して副作用が出現する場合は、予後不良となることもあるため、心毒性のメカニズムを解明することは極めて重要である。マルチキナーゼ阻害薬であるソラフェニブは、腎細胞癌、肝細胞癌に対する有効な治療薬であるが、左室機能障害や心筋虚血などの心毒性を有することが明らかにされているが、そのメカニズムについては不明な点が多い。本研究では、ソラフェニブの心毒性のメカニズム解明を目的として、ゼブラフィッシュをモデル動物としたシステムズ薬理学的解析を行った。まず、蛍光イメージングを用いたゼブラフィッシュ心機能解析により、ソラフェニブがゼブラフィッシュにおいても心毒性を有することを明らかにした。また、トランスクリプトーム解析により、ソラフェニブを投与したゼブラフィッシュの心臓では、stanniocalcin 1 (stc1) 遺伝子の発現が低下していることを見出した。さらに、アンチセンス核酸によりstc1をノックダウンしたゼブラフィッシュにおいて心機能が低下すること、stc1を一過性に過剰発現したゼブラフィッシュではソラフェニブの心毒性が減弱することを明らかにした。また、ヒト由来心筋細胞においても、ソラフェニブ投与によりSTC1の発現が低下することと、活性酸素が増加することを見出した。以上の結果より、ソラフェニブの心毒性には、STC1の発現低下が重要な役割を担っていることが示唆された。また、抗癌薬の心毒性メカニズム解析におけるゼブラフィッシュの有用性が明らかとなった。

関連リンク

第24回日本循環薬理学会