Publication List Japanese

2017/07/01
化学工業 Vol.68No.7 ゼブラフィッシュ創薬とInternet of Zebrafish(IoZ)

2017/05/22
月刊ファームステージ Vol.17 No.2 ゼブラフィッシュ創薬とフェノミクス薬理学

2017/03/31
NEW薬理学 改訂第7版 プロテオーム創薬

2016/10/19
三重大学春秋会会報 第39号 ゼブラフィッシュ創薬への道程 

2016/10/07
理系マイナビ special interview

》New Horizon in Zebrafish-Driven Drug Discovery ゼブラフィッシュ創薬の新しい展開

                     
2014/12/14

The first chemical screen using living zebrafish in a multi-well plate was reported in 2000 and zebrafish becomes the important model animal in innovative drug discovery beyond rat since 2008. We propose the strategy of zebrafish-based quantitative and systems pharmacology, which synergistically combine the desirable features of systems pharmacology and emerging technology of zebrafish-based phenotype screening system for drug discovery. The unique attributes of zebrafish are being increasingly leveraged to create human disease models, facilitate drug discovery and provide for personalized medicine.
ゼブラフィシュは、ヒトゲノムとの類似性、ゲノム編集の効率性、多産性、in vivoイメージングへの適合性、動物愛護管理法との調和性、ケミカルスクリーニングの最適性などから、創薬のあらゆるプロセスに活用され、10年以上が経過しており、欧米ではゼブラフィッシュ早期in vivoフェノタイプスクリーニングにより新しい医薬品開発が実現しています。さらに最近、ゼブラフィシュ創薬は、ターゲットバリデーション、前臨床薬効安全性スクリーニング、臨床個別化医療などにおける新しい脊椎動物モデルとして展開されています。そこで、最先端の次世代ゼブラフィッシュ創薬の現状について報告し、近未来の研究戦略を討論します。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学HP

第88回日本薬理学会年会HP