ZEBRAFISH

卵生 (Oviparity) と 胎生 (Viviparity)の品質管理

ゼブラフィッシュリキッドハンドリング

進撃する国際的ゼブラフィッシュ創薬

中枢神経薬探索の困難性とゼブラフィッシュスクリーニング

Zebrafish-Based in vivo High Throughput Screening

A novel orexin antagonist from a natural plant was discovered using zebrafish behavioural analysis

FASとは

薬理スキル基本DMSO

システムズ薬理学

High-Throuput Screening for Onco-Cardiology

》卵生 (Oviparity) と 胎生 (Viviparity)の品質管理

                     
2021/07/09

卵の形で親から放出され、親の栄養に頼らず卵中に蓄えられた栄養によって発育する様式を卵生という。
卵生は、ほとんどの魚類、両生類、爬虫類、すべての鳥類、単孔類、ほとんどの昆虫やクモ綱の繁殖方法である。
この卵生の優越点を、最大限に活用創薬モデル生物が、ゼブラフィッシュである。

胎生は親による子の保護の型としては手厚い方に位置するとみなされている。しかし、胎生は子供の保護と密接に関連しているとは限らない。
例えば、胎生の代表であるヒトにおける自然流産率も、35歳で20%以上と以上となる。
そこで、卵生ゼブラフィッシュ受精卵も、同様の受精卵死亡率が確認されたので、ゼブラフィッシュ創薬における受精卵品質管理システムは、不可欠である。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学

三重大学メディカルゼブラフィッシュ研究センター

関連ファイル

ヒト自然流産率

In Vivo
ハイスループット
スクリーニング

糖尿病治療薬

摂食抑制薬

血管新生阻害薬

薬物誘発性QT延長症候群

抗肥満薬

難聴治療薬

聴覚神経細胞障害