TOPICS

2021/10/26
ゼブラフィッシュ創薬からがんの個別化医療を実現へ

2021/10/26
ゼブラフィッシュ創薬からがんの個別化医療を実現へ

2021/10/12
三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻(修士課程・博士課程)

2021/10/05
患者がん移植マウス・ゼブラフィッシュモデル(PDXMZ)による定量的薬効スクリーニングと作用機構解析

2021/07/01
ゼブラフィッシュとヒトの自然流産

》患者がん移植マウス・ゼブラフィッシュモデル(PDXMZ)による定量的薬効スクリーニングと作用機構解析

                     
2021/10/05

臨床がん治療の個別化医療を実現するために、患者由来がん移植モデルが世界的に活用されています。しかしながらマウスモデルの場合、高度免疫不全マウスであることや、治療薬感受性試験には、約1年間の植え継ぎによる待ち時間が不可避です。我々の患者由来がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)は、1匹のゼブラフィッシュに100個のがん細胞で十分であり、移植後1週間以内に定量的薬効解析が可能となります。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学

biojapan2021

関連ファイル

患者がん移植マウス・ゼブラフィッシュモデル(PDXMZ)による定量的薬効スクリーニングと作用機構解析