TOPICS

2021/10/26
ゼブラフィッシュ創薬からがんの個別化医療を実現へ

2021/10/26
ゼブラフィッシュ創薬からがんの個別化医療を実現へ

2021/10/12
三重大学大学院医学系研究科生命医科学専攻(修士課程・博士課程)

2021/10/05
患者がん移植マウス・ゼブラフィッシュモデル(PDXMZ)による定量的薬効スクリーニングと作用機構解析

2021/07/01
ゼブラフィッシュとヒトの自然流産

》ハイスループット発生毒性試験を、始めよう。

                     
2021/06/29

2021年1月29日、医薬品規制調和国際会議(ICH)による医薬品の生殖発生毒性評価に係わるガイドライン(DETECTION OF REPRODUCTIVE AND DEVELOPMENTAL TOXICITY FOR HUMAN PHARMACEUTICAL S5(R3) )が医薬品医療機器総合機構(PMDA)により報告され、我が国でも本格的に代替法としてのゼブラフィッシュ発生毒性試験が開始されているが、始めることに慎重な人々が多いかもしれません。そこで、このゼブラフィッシュ発生毒性試験における最大の壁であるゼブラフィッシュ品質管理プロトコルの確立を試みた。まず世界で最も頻用されているゼブラフィッシュABラインを、米国ZIRCから入手した。そこで12、906個の受精卵を解析し、受精後3時間までに297個(2.3%)の受精卵が死亡した。この受精後3時間においてすでに2104個(16.3%)に形態異常が認められた。その後受精後24時間までに、4,646個(36.0%)が死亡することが明らかとなった。しかしながら、この受精後1日後から6日後までの生存率は、64.0%(1dpf)、61.3%(2dpf)、59.0%(6dpf)と、受精後24時間までにおける急激な生存率低下に比較すると安定していることが認められた。一方、これら受精後3時間から6日後におけるタイムラプスイメージングを実施した結果、受精後3時間における受精卵異常イメージングにより、少なくとも受精後24時間までの急激な死亡を予測できることが明らかとなり、受精後24時間までの死亡予測能を強化するための診断基準を確立した。その結果、発生毒性試験のための化合物暴露開始(6hpf)前に、これらの低品質受精卵を除去することが可能となり、偽陽性頻度を抑制し、ゼブラフィッシュ発生毒性試験の精度を劇的に強化することが実現できたので、嬉しくなりご報告します。もし関心がありましたら、tanaka@doc.medic.mie-u.ac.jpへ、メールお願いします。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学

三重大学メディカルゼブラフィッシュ研究センター

関連ファイル

ABライン