GRADUATE STUDENT

2020/03/10
大学院生募集(博士、修士)

2019/12/18
大学院生門馬氏の学位授与式

2019/03/01
Graduate Student in Systems Pharmacology

2018/12/15
西日本医学生学術フォーラム2018

2018/08/31
イノベーションジャパン2018の大学院生北原さん

》大学院生募集(博士、修士)

                     
2020/03/10

システムズ薬理学
SvstemsPharmaeologv

【研究内容】
定量的システムズ薬理学(QuantitativeandSystemsPharmacology)は.2011年米国NIHにより提案された新しい研究戦略であり.新薬や既存薬の前臨床及び臨床における作用メかニズムを明らかにします。すなわち単独治療薬や複合的治療薬により,ヒト疾患の病態生理ネノトワークを制御することで.各個別患者の冶療効果を最大にし,かつ毒性を最少fヒし,個別化医療(personalizeclrnedicine)や精密医療(precisionnledicine)を実現します、分子から臨床集団までの次元で.フォワード薬理学とPjバース薬理学を統合した融合科学であり,強力なPK/PDモ
デルを基盤とした21世紀型薬理学であります。本学ンステムズ薬理学は,ゼブラフィッシュをPK!PD基盤モデルとして、世界をリードする定量的ンステムズ薬理学のコアとなる実践的研究〔修士・博士謀程)を展開します。
【指導内容】
フォワード薬理学とは,治療薬によるフェノタイプ(薬理作用)から薬物標的分子を同定し,オミクス機構の解明を試みる研究戦略であり,ゲノム創薬以前には創薬の基本であり古典的薬理学と呼ばれていました.,ポストゲノムンークエンス峙代
に勃興したリパース薬理学は,まず特定の病態における創薬ターゲット分子を決定し,その夕一ゲッ卜分子に作用する治療薬候補を探索し,最終的に薬埋作用を確立する薬理学であり,現状の中心的創薬戦略となっています。最近,このりべ一ス薬理学が画期的新薬開発に必ずしも有効ではなく,画期的新薬開発は依然としてフェノタイプスクリーニングにより実現していることが明らかとなり,フォワード薬理
学の新しい役割が山界的に庄目されています。貝体的にはゼプラフf・'シュによリ
フェノタイプスクリーニングの高速化,定量化,自動化,高度化,精密化が強化さ
れることにより.オミクス解析の急激な発展に対応できるようになりました。リバー
ス薬理学と統合的な研究戦略が可能なフォワード薬理学がゼフ'ラフィッシュ創薬に
おいて実現しっっあり,この統合的フォワード・リバース薬理学(修士・博士課程)
を研究指導します、
従来の薬理学はハイスルー一ブソトが可能なIPS細胞などヒト細胞やロースループソ
トながらinVlveメカニズム解析に活用してきた哺乳類が2大モデル生物でした。
最近、ゼブラフィyシュか薬理フェノミクスのライブmVlvoハイスループノトス
クリーニングを実現てきる数少ない第三のモデル生物として米国N田が推進し,全
く新しい創薬パラダイムを実現し,画期的医薬品やドラ/グ・リポジショニングに、
おいて明確な開発成果を出しております。ゼプラフィッシュ創薬は,フォワード薬
理学と`」バース薬理学を統合したものであり,強刀tSPK/PDモデ・レとして.21廿紀における真のシステムズ薬理学研究戦略であります,さらに臨床ヒトがん細胞のゼブラフfッシュ移植システムは,次世代フェノミクス精密医療(PrecisionMedic]ne,プレシジョンメディンン)システムのコアテクノロジーとLて期待されており,本学でも着実に成果が出ております。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学

三重大学メディカルゼブラフィッシュ研究センター

関連ファイル

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学