EVENTS

2021/10/14
患者がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)による定量的腫瘍血管新生阻害薬スクリーニングと作用機構解析

2021/10/13
患者がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)による創薬スクリーニングと個別化医療

2021/10/13
患者がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)による創薬スクリーニングと個別化医療

2021/10/13
患者がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)による創薬スクリーニングと個別化医療

2021/10/13
患者がん移植ゼブラフィッシュモデル(PDXZ)による創薬スクリーニングと個別化医療

》次世代ゼブラフィッシュ創薬と患者がん移植によるプレシジョンメディスン

                     
2018/10/10

BioJapan2018、 10月10日15:30ー16:00、StageB
にて、下記ご報告を予定しておりますので、ご来場を、お待ちしております。
また、10月10日と12日は、パートナリング面談可能ですので、よろしくお願いします。

ゼブラフィッシュ創薬の成功例が、最近数多く報告されてきました。in vivo フェノタイプスクリーニングの重要性が明白となり、ゼブラフィッシュは、重要な創薬ツールとして欧米で確立されてきました。我々はさらに、患者がん移植モデルでの薬効解析の有用性を明らかにし、その自動化、高速化、可視化などを実現し、ハイスループットin vivo ライブスクリーニングや臨床個別化医療へ展開しております。患者がん移植ゼブラフィッシュモデルは、免疫学的に未成熟な正常ゼブラフィッシュに100個の患者由来細胞を移植し、移植後100時間で抗がん剤薬効定量(細胞増殖、転移、腫瘍血管新生)が可能であります。分子ターゲットを確立していない前臨床in vivoスクリーニングやFirst in Human前における候補化合物のex vivo定量的薬効試験などに、患者がん移植ゼブラフィッシュモデルを、活用することが可能です。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学

BioJapan2018

関連ファイル

BioJapan2018

次世代ゼブラフィッシュ創薬と患者がん移植によるプレシジョンメディスン