EVENTS

2024/04/25
discovery of stanniocalcin1 as cardiotoxic defence gene

2024/04/24
Tumour Angiogenesis in Patient-Deriveved Xenograft Zebarafish Model

2024/04/23
Aging-associated microstructural deterioration of vertebra in zebra fi sh

2024/02/14
次世代ゼブラフィッシュ創薬セミナー

2023/12/20
大掃除2023

》第5回浜松毒性試験フォーラム

                     
2017/10/20

国際的には急激に発展しているゼブラフィッシュ創薬は、2019年には、ICH発生毒性ガイドラインに明記される常にまで来ております。しかしながら、2017年3月12日ー16日にBaltimoreにて開催されました第56回米国毒性学会SOT年会においては、メジャーなモデル生物であるゼブラフィッシュ毒性研究が中心となっているのと対照的に日本毒性学会では、ゼブラフィッシュ毒性学報告が少ない状況であります。この原因は何か?このような状況を放置している主犯は誰か?第5回浜松毒性試験フォーラムで、明らかにしたいと思います。

関連リンク

第5回浜松毒性試験フォーラム

第5回浜松毒性試験フォーラム

関連ファイル

第5回浜松毒性試験フォーラム