EVENTS

2024/07/05
第51回日本毒性学会学術年会

2024/06/10
新しいハイスループット個別ゼブラフィッシュ腎毒性スクリーニングシステムの創生と応用

2024/06/06
DXAIゼブラフィッシュ創薬の発展

2024/06/05
AIゼブラフィシュ発生毒性試験の基盤技術開発

2024/06/04
プレシジョン蛋白尿定量スクリーニング法開発

》臨床がん次世代個別化医療システム開発

                     
2015/10/15

ゼブラフィシュは、ヒトゲノムとの類似性、ゲノム編集の効率性、多産性、in vivoイメージングへの適合性、動物愛護管理法との調和性、ケミカルスクリーニングの最適性などから、創薬のあらゆるプロセスに活用され、10年以上が経過しており、欧米ではゼブラフィッシュ早期in vivoフェノタイプスクリーニングにより新しい医薬品開発が実現しています。さらに最近、ゼブラフィシュ創薬は、ターゲットバリデーション、前臨床薬効安全性スクリーニング、臨床個別化医療などにおける新しい脊椎動物モデルとして展開されています。そこで、最先端の次世代ゼブラフィッシュ創薬の現状について報告し、近未来の研究戦略を報告します。

 ・10月15日(木) 11:30〜12:00 出展者プレゼンテーション 展示ホールA会場(聴講無料)
  「臨床がん次世代個別化医療システム開発」  田中利男
 ・展示会場: B-122 にて