EVENTS

2018/10/10
次世代ゼブラフィッシュ創薬と患者がん移植によるプレシジョンメディスン

2018/08/31
次世代ゼブラフィッシュ創薬の展開

2018/07/27
ゼブラフィッシュによる発生毒性試験とサリドマイド

2018/07/20
ゼブラフィッシュ受精卵品質管理とサリドマイド発生毒性

2018/07/03
optogeneticsも、zebrafish行動解析へシフト

》第9回国際バイオEXPOバイオアカデミックフォーラム

                     
2010/06/30

第9回国際バイオEXPO, 第9回バイオテクノロジー国際会議、バイオアカデミックフォーラム2010年6月30日11時30分竏窒P2時、西天智等、展示会場内ACA-1, 三重大学大学院医学系研究科薬理ゲノミクス教授 田中 利男
「オミックス創薬・創食を実現するゼブラフィッシュモデルシステム開発」
次世代オミックス創薬・創食において、in vivoの精度とハイスループットを同時に実現するゼブラフィッシュモデルシステム
哺乳類システムとの差異はスクリーニングにおける、圧倒的ハイスループット、ダウンサイジングによる試薬節約、色素欠損株の全身透明性によるin vivoイメージング、大量の個体数確保、遺伝子介入の容易さによる作用機構解析、急速な全臓器形成、コスト削減、動物愛護管理法との調和性などが決定的である。さらにヒトゲノムとの相同性は70竏窒W0%で、哺乳類と遜色はない。

関連リンク

第9回国際バイオEXPOバイオアカデミックフォーラム