EVENTS

2019/03/14
Dravet 症候群ゼブラフィッシュモデルによる抗てんかん薬in vivoフェノミックスクリーニングシステム

2018/11/20
次世代ゼブラフィッシュ創薬とプレシジョンメディシン

2018/10/10
次世代ゼブラフィッシュ創薬と患者がん移植によるプレシジョンメディスン

2018/08/31
次世代ゼブラフィッシュ創薬の展開

2018/07/27
ゼブラフィッシュによる発生毒性試験とサリドマイド

》ゲノム創薬:メタボリック症候群治療標的としての脂肪酸受容体

                     
2012/05/11

【ゲノム創薬:メタボリック症候群治療標的としての脂肪酸受容体】

辻本 豪三 教授
京都大学薬学研究科ゲノム創薬科学分野

Dysfunction of lipid sensor GPR120 leads to obesity in both mouse and human.
Nature. 2012 Feb 19;483(7389):350-4.

日時:平成24年 5月10日(木) 13:00-14:30
場所:総合研究棟 ? 4階 416共用ゼミ室

関連画像