EVENTS

2024/04/25
discovery of stanniocalcin1 as cardiotoxic defence gene

2024/04/24
Tumour Angiogenesis in Patient-Deriveved Xenograft Zebarafish Model

2024/04/23
Aging-associated microstructural deterioration of vertebra in zebra fi sh

2024/02/14
次世代ゼブラフィッシュ創薬セミナー

2023/12/20
大掃除2023

》ゲノム創薬:メタボリック症候群治療標的としての脂肪酸受容体

                     
2012/05/11

【ゲノム創薬:メタボリック症候群治療標的としての脂肪酸受容体】

辻本 豪三 教授
京都大学薬学研究科ゲノム創薬科学分野

Dysfunction of lipid sensor GPR120 leads to obesity in both mouse and human.
Nature. 2012 Feb 19;483(7389):350-4.

日時:平成24年 5月10日(木) 13:00-14:30
場所:総合研究棟 ? 4階 416共用ゼミ室

関連画像