EVENTS

2018/07/27
ゼブラフィッシュによる発生毒性試験とサリドマイド

2018/07/20
ゼブラフィッシュ受精卵品質管理とサリドマイド発生毒性

2018/07/01
Zebrafish-Based Drug Discovery and Precision Pharmacology

2018/06/27
患者がん移植モデルによる次世代ゼブラフィッシュ創薬と精密医療

2018/06/07
Joint Meeting of JSCB 70th & JSDB 51st

》オミックス創薬科学セミナー 縲恊_経伝達物質(グルタミン酸)の脳内動態を目で見る縲?

                     
2010/05/11

 京都大学大学院薬学研究科辻本豪三教授にお越しいただき、脂肪酸受容体をモデルにしたゲノム創薬研究についての最先端の講義をしていただきました。
 教科書の内容を書き換えるようなすばらしい研究成果に対して深い感銘を受けました。

関連ファイル

関連ファイル

関連画像