TOPICS

2017/11/25
ICH and 3Rs with zebrafish-based alternative methos

2017/10/05
次世代個別化医療の実現に向けて

2017/09/29
ゼブラフィッシュによる次世代がん個別化医療と創薬支援システム開発

2017/09/12
Zebrafish-Based Drug Discovery and Pharmacophenomics

2017/06/25
具象(フェノタイプ)と抽象(ジェノタイプ)の二元論を、乗り越えて。

》BSフジで血液脳関門研究を紹介

                     
2014/11/23

『ガリレオX』
#89「血液脳関門の世界 脳の防御網を突破せよ!」
【今回の放送日時】 2014年11月23日(日)11:30〜12:00
【再放送】 2014年11月30日(日)13:30~14:00
 生物にとって最も重要な器官のひとつである“脳”。私たちの脳には、その高度な機能を維持するため、 異物の侵入を防ぐ強固なバリア“血液脳関門”が存在している。
 近年、アルツハイマー病など脳の疾患に関する研究が進み、それらを対象とした薬の研究開発も盛んに行われているものの、血液脳関門はその脳の疾患に効く薬の侵入すらも阻む。脳に効く特効薬の開発では、このバリアを通過するという大きな難題を克服する必要があるのだ。
 未だ多くの謎を秘めた“血液脳関門”という脳のバリア。はたしてその仕組みはどこまでわかっているのだろうか。脳のバリアを巡る研究の最前線に迫る。

関連リンク

血液脳関門の世界 脳の防御網を突破せよ!

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学HP