Graduate School

2017/07/11

謝辞:三重大学システムズ薬理学サポーター

2014/11/11

141111薬理研究学生会議は着実に発展しています。

2012/12/28

ハイスループット薬理学を中日新聞が紹介

2012/05/10

オミックス創薬科学セミナー

2011/08/22

オミックス創薬科学セミナー/バイオインフォマティクス研究会

2011/07/01

研究室から5分のフレンチレストラン

2011/07/01

エクサンプロバンス一人ディナー

2011/06/18

三重大学医学系研究科薬理ゲノミクス入試説明会

2011/05/31

ゲノム創薬科学1-7

2011/05/10

ゲノム創薬科学1-4

》141111薬理研究学生会議は着実に発展しています。

                     
2014/11/11

2014年11月11日17時より、三重大学総合研究とう、4階416教養ゼミ室で開催されました薬理研究学生会議は、本格的研究に突入している3人の研究成果報告がありました。
まず医学科1年生佐藤由美さんは、白血病幹細胞と今後のCRISPRけんきゅうについて、医学科2年生の芦川芳史君は、甲状腺機能低下による中枢発達障害機構、医学科3年生村上宗一郎君は、バルプロ酸やニコチンのシステムズ薬理学について膨大な研究データの報告がありました。さらに医学科1年生の多田智子さんや弓削瑞葵君の参加もあり、熱い討論が続きました。その後、イタリアンレストランCasaMiaでも、医学研究戦略の討論が続きました。薬理研究学生会議は、本格的に次世代へ発展しています。

関連リンク

三重大学大学院医学系研究科薬理ゲノミクスHP

三重大学大学院医学系研究科システムズ薬理学HP